flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アリスと蔵六 第10話「小さな女王」

脚本:大野木寛 絵コンテ:桜美かつし山川吉樹 演出:山川吉樹 作画監督:佐野はるか、廣田茜、手島勇人、岩崎亮、二宮奈那子、河野眞也、谷口元浩

【概要】

自宅にこもってしまった羽鳥を気づかう歩は、羽鳥と似た能力をもつ紗名に会いに街にやってくる。しかし、蔵六たちを困らせた張本人とみなした紗名は歩を自らの異空間に閉じ込めてしまう。歩から羽鳥のことを聞かされた紗名は、ターゲットを羽鳥に変えて接近するのだった。

【感想】

子供じみた紗名が作り出す子供じみた「ワンダーランド」。そこに閉じ込められた歩そして羽鳥の大人びて見える表情。紗名との相対でそう感じられるのだけど、歩と羽鳥の悩みも子供じみたものには違いなく。かわいらしい世界に彼女らなりの必死さそして愁いが際立つ。それゆえに、紗名に呼応したように出現を始めた「アリスの夢」に空恐ろしさも。ワンダーランドと樫村家の地続き感に安堵させられるのは、紗名を案じる蔵六と早苗が待っていてくれるから。

★★★☆