flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #11「軒下のモンスター “We cannot decide where we go but you can.”」

脚本:広江礼威木澤行人(ライトワークス)、あおきえい 絵コンテ・演出:荒井和人 作画監督藤田まり子、代見裕美

【概要】

負傷したセレジアとメテオラは病室で目を覚ました。颯太はアルタイルの正体を言い出せなかったことで悲劇を招いた責任を感じふさぎ込んでいた。その姿を見かねた鹿屋はギガスマキナで颯太を連れ出す。意を決した颯太は皆の前でアルタイルの創造主について語り始める。

【感想】

病室における松原とセレジア、ギガスマキナにおける颯太と鹿屋、創造主と被造物の語らいが示唆的。自身の性格に創造主の影響を強調するセレジア、創作物から飛び出したことで創造主が与えたネガティブな性格を捨て去った鹿屋、両者を重ねると被造物とて気の持ちようによっていくらでも変われるのだと思わされる。それが自責の念にさいなまれる颯太のカンフルになるとは必ずしも思えないが、彼が物語における鹿屋を知っていたからこそ、シマザキセツナとの辛かった過去を客観視できたのかもと想像する。アルタイルの放置が人類滅亡の危機につながりかねないことは颯太も承知しているだろうから、いち視聴者として彼の内面に思いを致しておきたかった。

★★☆