flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

有頂天家族2 第十話「偽右衛門の決まる日」

脚本:檜垣亮 コンテ:Team P.A 演出:菅沼芙実彦 作画監督:秋山有希、大東百合恵、小島明日香、森島範子、杉光登

【概要】

偽右衛門選挙の立会人を二代目に頼んだ矢三郎だったが、弁天の怒りに触れて逃亡生活を余儀なくされる。一方で、旅に出た矢二郎は広島から四国に渡り、総一郎と親交があった金長一門のもとを訪れる。

【感想】

阿呆の血につけるものはないだろうと矢三郎の綱渡りに思う。弁天の優しさに気づかなかったのか、あてつけ気味に二代目をけしかけているようにも。天狗(人間)と狸という異種族の悲哀をそこに見ることはたやすいが、毒舌ながらも気にかけてくれる海星がいじらしくなる。偽右衛門となる矢一郎から金曜倶楽部のマークをそらすための行動にも見えてくるが。いずれにせよ、食えない態度を最後まで貫いてくれたほうが矢三郎らしい。異性の狸である星瀾の前で人の姿を解除された矢二郎が、海星と矢三郎の関係に重なっていてペーソスを感じた。

★★★