flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アリスと蔵六 第11話「女王と魔女」

脚本:髙山文彦 絵コンテ:桜美かつし 演出:鈴木健太郎 作画監督:佐野はるか、廣田茜、加藤愛、二宮奈那子、手島勇人、河野眞也、趙暁昕

【概要】

羽鳥に謝らせようとワンダーランドに誘い込んだ紗名。しかし、2人そろってワンダーランドの最深部に落ちてしまう。母親のもとへ帰ろうと歩きだす羽鳥を追いかける紗名、しかしいっこうに出口は見つからない。一方で、蔵六と早苗は一条とともにワンダーランドへ紗名の捜索に向かう。

【感想】

サブタイトルそのままの、対照的なようでいて対称的な「女王」と「魔女」の交流。年齢よりも幼く見える紗名、年齢よりも大人びて見える羽鳥。しかしながら、その印象は表面的なものであり、ワンダーランドの一部たる自身を冷静に見つめる紗名、母親からの愛情を渇望して涙する羽鳥と、いとも簡単に逆転してしまう。ファンタジックなワンダーランドの景色がそんな2人の危うさを肯定してくれるように感じられた。どこにも居場所がないと思える自分にだって信じて待ってくれる人がいる、そんな希望を彩ってくれるかのように。

★★★☆