flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

正解するカド 第十一話「ワノラル」

脚本:野﨑まど 絵コンテ・演出:りょーちも 作画監督:澤良輔

【概要】

ヤハクィザシュニナの攻撃から徭をかばった真道は深手を負ってしまう。徭によって隔絶空間にかくまわれ回復した真道は、ナノミスハインを人類に広め始めたヤハクィザシュニナと「交渉」すべく秘策に出るのだった。

【感想】

徭沙羅花がどうして国際交渉官を志したのか想像してみる。来るべき異方からの侵略者を待ち受けるため交渉官の立場を得た、そこに現れた真道の誠実さに異方との交渉を任せる気になった、そう考えたほうがロマンティックだ。徭が言うとおり異方存在同士の戦いが物理的なものであれば、異方存在を返すことができるのはあまたの情報をもつ人間でしかない。徭がつくった繭から羽化した願いの結晶が真道とすれば、入れ込むのも分かる気がする。

★★★