flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #12「エンドロールには早すぎる “Be desperate and draw something fascinating.”」

脚本:広江礼威中本宗応(ライトワークス)、あおきえい 絵コンテ・演出:渡部周 作画監督:飯飼一幸、池田広明、山崎展義、和田伸一

【概要】

アルタイルを生み出したシマザキセツナとの過去を告白した颯太。後悔と向き合った颯太はシマザキセツナの無念を晴らそうとしているアルタイルを止めることを決意する。そして、メテオラの発案によりアルタイルを包囲するためのプロジェクトが動き出す。

【感想】

二次創作に詳しくはないので、アルタイルの特殊性については良く分からない。シマザキセツナが作り出したアルタイルの魅力あるいは生前のシマザキセツナをめぐってのファンによる盛り上がりが複雑なアルタイルを形成したのかも。

今回は、直情的に描かれがちだったアリステリアの思慮深さが垣間見えたのが収穫だった。創造主である高良田概の態度は無責任なようでいて、神々の世界における被造物の真理を突いていたようにも。イレギュラーな存在であるアルタイルを相手にするためには、創造主と被造物が手を携え変化していかなければならないと。それはメテオラが立案した作戦に収束する。