flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)将国のアルタイル 第1話「犬鷲の将軍」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:カトウコトノ講談社月刊少年シリウス」連載) 監督:古橋一浩 シリーズ構成:高木登 キャラクターデザイン:菅野利之 副監督:いがりたかし 美術設定:成田偉保 美術監督小倉一男 プロップデザイン:新妻大輔 アクション作監:神谷智大 色彩設計:佐々木梓 撮影監督:大山佳久 編集:廣瀬清志 3Dディレクター:石神亮一 音響監督:木村絵理子 音楽:川﨑龍 音楽制作:アニプレックス アニメーションプロデューサー:川越恒 アニメーション制作:MAPPA

キャスト

マフムート:村瀬歩 ザガノス:古川慎 キュロス:KENN アビリガ:諏訪部順一 スレイマン小西克幸 カリル:緒方賢一 ルイ:津田健次郎 レレデリク:小林ゆう グララット:櫻井孝宏 ルチオ:小野大輔 ブレガ:山路和弘 バラバン:中井和哉 バヤジット:内山昂輝 アイシェ:茅野愛衣 オルハン:島﨑信長 イスマイル:岡本信彦 イブラヒム:佐藤拓也 シャラ:日笠陽子 ナレーター:成田剣

 

脚本:高木登 絵コンテ:古橋一浩 演出:いがりたかし 作画監督:丸山修二、松岡秀明、高乗陽子

【概要】

トルキエ将国との国境近くで北方の大国バルトライン帝国の大臣が暗殺された。バルトライン帝国は暗殺に用いられた矢の紋章から首謀者はトルキエ将国に属する人物であると主張、トルキエ将国に将軍1名の出頭を求めてきた。将軍のカリルが志願するが、そこにバルトライン帝国の陰謀を見抜いた若き将軍マフムートは、カリルに同行するのだった。

【感想】

オスマン帝国を模したと思しきトルキエ将国の世界観が新鮮。そのトルキエ将国が大版図を描けるまで見届けられるかどうか。戦記ものにありがちなストレスとして、OP映像のキャラクターの多さに、シリーズでスケールを表現できるのかどうか不安になってしまう。もっとも2クールあるそうなので、マフムートとルイの因縁をベースにじっくりと見せてくれれば。