flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)異世界食堂 第1話「ビーフシチュー」「モーニング」

原作ライトノベル未読。

スタッフ

原作:犬塚惇平ヒーロー文庫主婦の友社 刊) 原作イラスト:エナミカツミ 監督・シリーズ構成:神保昌登 キャラクターデザイン:佐野隆雄、佐野恵一 プロップデザイン:

森木靖泰 美術監督:片平真司 色彩設計:水本志保 撮影監督:佐藤敦 編集:近藤勇二 音響監督:土屋雅紀 音楽:辻󠄀林美穂、TOMISIRO 音楽プロデューサー:福田正夫佐藤正和 音楽制作:フライングドッグ 音響制作:グルーヴ アニメーション制作プロデューサー:田部谷昌宏、鬼塚康介 アニメーション制作:SILVER LINK.

キャスト

店主:諏訪部順一 アレッタ:上坂すみれ クロ:大西沙織 赤の女王:伊藤静 アルトリウス:清川元夢 タツゴロウ:大塚芳忠 アルフォンス:立木文彦 サラ:安野希世乃 ハインリヒ:杉田智和

 

脚本:神保昌登 コンテ:島津裕行 演出:高村雄太 作画監督:本田辰雄、八代きみこ、木下ゆうき、橋本真希、重松佐和子、川添亜希子、大槻南雄、へばらぎ

【概要】

「ビーフシチュー」: 週に一度だけ異世界とつながる「洋食のねこや」にはさまざまな種族が集う。異世界6柱の1柱に君臨する「赤の女王」もその常連だった。

「モーニング」: 洋食のねこやに魔族の少女が迷い込んで寝ていた。空腹に耐えかねて仕込み中のコーンポタージュを食べつくしてしまった彼女、アレッタの事情を聞いた店主はある提案をする。

【感想】

何でもありの「洋食」に何でもありの「異世界」からの常連、そんな「洋食のねこや」が異世界で爪はじきにされていたアレッタを給仕として受け入れる。料理に舌鼓をうつ常連たちの表情に見ているこちらも幸せになれるのは必然。グルメものにありがちなオーバーアクションを排した演出が、異世界との接点という洋食のねこやを店主の人柄そのままに落ち着かせているのもよい。これからのバリエーションが大いに楽しみ。