flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アクションヒロイン チアフルーツ STAGE 2「普通の【ろこ】がヒロインやってみてもいいんだけど」

脚本:荒川稔久 絵コンテ:青山弘 演出:井畑翔太 作画監督:Yu min zi、Han Se Hwan、紺野美喜、徳永さやか、福田佳太、石丸史典、野村治嘉

【概要】

陽菜野市の地域おこしのためにアクションヒロインのプロデュースをすることになった城ヶ根御前。即席カミダイオーショーで注目を集めた杏と美甘をスカウト、さらには緑川末那と青山元気が裏方として参加する。末那の実家である寺の本堂で準備を始めたチームに、御前の親友である黒酒路子は複雑そうで……。

.【感想】

互いをリスペクトするがゆえの御前と路子のすれ違いが見どころ。不調をリリーフしてくれた路子を頼れる王子様として見ていた御前に対して、路子は御前を案じつつもその立場に後ろめたさを覚えていた。おそらくは御前も自身のふがいなさを感じていたはずだけど、路子にはそこまで見えていなかったのかも。なので、アクションヒロインの企画という大役を与えられたことで助力を求めてきた御前と、彼女の代役を担ってきたがゆえに協力を申し出られなかった路子の奥ゆかしさが泣かせてくれた。それでいて湿っぽくなりすぎない人懐っこさがいい。