flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

プリンセス・プリンシパル #02「case1 Dancy Conspiracy」

脚本:大河内一楼 絵コンテ:詩村宏明 演出:伊部勇志 作画監督:大高雄太、金丸綾子、青木昭仁

【概要】

クイーンズ・メイフェア校に編入したアンジェはドロシーと出会う。そしてアンジェはドロシーをともない「チェンジリング作戦」としてプリンセスと入れ替わるためパーティー会場に潜入。ところが、機密書類が入った貸金庫の鍵を来賓のモーガンから奪うという新たな指令が下る。

【感想】

平民の出自が強調されたアンジェと二重スパイの疑いがあるプリンセス。それぞれに向けられた「シャーロット」という名前。プリンセスとの入れ替わりというミッションにダブルミーニングが重なって頭がくらくらしてくる。幼なじみというモーガンと妻のエピソードですらアンジェとプリンセスに重なってくるありさま。承諾の合図である鐘のくだりなど理解が追い付かなかった部分もあるけれど、登場人物の手から手へとわたっていく貸金庫の鍵がCボールへ変化するくだりが、アンジェとプリンセスによるコンタクトに感じられた。