flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ナイツ&マジック 第3章「Scrap & Build」

脚本:横手美智子 絵コンテ:山本裕介 演出:森義博 作画監督山内則康、梶浦紳一郎、木下由美子、猿渡聖加

【概要】

ベヘモス討伐の功績によって王都カンカネンのシュレベール城に呼ばれたエル。褒美は何がよいかとの国王アンブロシウス・タハヴォ・フレメヴィーラに対し、エルはシルエットナイトの心臓部であるエーテルリアクタの製法を所望するのだった。エルの申し出を承諾した国王は開発したシルエットナイトの実証を条件とする。

【感想】

エルの「趣味」が高じてのシルエットナイトの技術革新シークエンスが小気味よい。試作機テレスターレのテストパイロットを任されたヘルヴィを始めとする面々からも高揚感が伝わってくる。誇り高く有能だが融通のきかないエドガーと軟弱なようでいて柔軟であるディートリヒの対照が頼もしい。エドガーとへルヴィによる模擬戦のアクションはダイナミックだったが、前回のエルによる軽業師のような動きにはほど遠く、作画演出の意図がしっかり感じ取れる。