flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ボールルームへようこそ Heat.3「ワルツを踊れ」

脚本:末満健一 絵コンテ:野村和也、板津匡覧 演出:江副仁美 作画監督高橋英樹、石川真理子

【概要】

三笠宮杯 全日本ダンススポーツ選手権の会場にやってきた多々良は、ラテンを踊る兵藤と雫のダンスに圧倒される。ところが、スタンダードの予選を前にして兵藤が姿を消してしまう。あろうことか仙石は兵藤の代役として多々良を出場させるのだった。

【感想】

多々良と社交ダンスの出会いをほうふつとさせる強引な展開は、またしても仙石によるもの。もっとも、今回は多々良の才能に触れての行為だろうから、その印象はずいぶんと異なる。兵藤のダンスに魅了される素直さが、何度も強調される目の描写との相乗効果で、多々良のぶっつけ本番におけるイミテーション能力を鮮やかに見せる。そこから畳み掛ける応用力が雫をリードして兵藤の感情を揺さぶるまでの流れが圧巻で、固唾をのんで見守ってしまった。