flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

賭ケグルイ 第5話「人間になった女」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:林祐一郎 演出:後藤康則 作画監督:服部憲二、飯飼一幸、岡田豊広、柴田志朗、新沼大祐

【概要】

債務整理大集会の「二枚インディアンポーカー」に挑む夢子と芽亜里には秘策があった。二人のブラフに翻弄され焦る木渡は、イカサマを強いていた蕾菜々美を脅して反撃に転じようとする。

【感想】

階級制度を強制する生徒会主催のギャンブルにあって、その階級制度を悪用して弱き者を虐げていた木渡が受ける因果応報。正直気分がよいものではないが、金銭にとらわれることなくプライドを持つべしという夢子のメッセージは蕾を介して確認することができた。それこそが学園における逆者たる夢子の存在価値であり、シリーズの縦軸が定まったエピソードといえそう。夢子が肯定するイカサマとブラフも生徒会に対する挑戦の現れなのかもしれない。