flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コンビニカレシ 第5話「葉月」

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:石井久志 演出:村山靖 作画監督:山本径子、Lee Sang Jin、Shin Hyung Sik

【概要】

三橋をデートに誘った本田だったが、三島と真四季が一緒であることを条件に出されてしまう。それからも猛アタックをかけてくる本田に、三橋はすっかり及び腰。振られてしまったと落ち込む本田は、真四季からの言葉で意を決して三橋の自宅に向かうのだった。

【感想】

ブコメでありがちな誤解によるすれ違いではなく、本田の表層的なイメージと三橋の自己評価の低さによるすれ違い。それが追いかけてくる本田から逃げる三橋の図に見えてくる。印象的だったのは、それぞれの家庭環境を匂わせることで両者の距離を表現してみせる演出で、ごく断片的な情報だったけども、不器用な二人を立体的に見せてくれる。かつての女友達へのつれない態度が生真面目な三橋に向けられる本田の内面を語っているかのよう。そこに居心地の悪さしか見いだせない三橋、それに傷ついてしまう本田、そんな二人がいとおしい。