flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ボールルームへようこそ Heat.6「ライン・オブ・ダンス」

脚本:末満健一 絵コンテ:原恵一、板津匡覧 演出:井之川慎太郎 作画監督:飯飼一幸、 斎藤雅和、津熊建徳

【概要】

憧れだった雫とカップルを組むことになった賀寿。パートナーの妹を見限った賀寿に怒った多々良は、真子と組んで賀寿に勝負を挑む。その舞台は非公式な大会「天平杯」だった。コーチ役の仙石には小柄な多々良と真子のための秘策があるらしい。しかし、真子と練習を始めた多々良に課題が見つかる。

【感想】

賀寿の強引さになすがままの雫の愁いというには人形のような表情に引きつけられる。それもそのはず、EDクレジットのとおり一言もセリフを発していなかった。兵藤を失った雫をクールに演出することで、赤城兄妹を軸に変化した多々良のパッションが強調される。新たなパートナーとの力強いダンスそのままな思い切った構成といえそう。多々良に素直な言葉を向ける真子の優しさに、雫とのこれからが気になってくる。