flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コンビニカレシ 第6話「長月」

脚本:楠田トリイ 絵コンテ:小寺勝之 演出:川西泰二 作画監督:Park Myoug Hun、Chang Young Sun

【概要】

文化祭「青空祭」の準備で慌ただしい青希空高校。花火大会で三橋との距離を縮めたつもりの本田は浮かれ気味。調子に乗って話しかける本田を避けるように、三橋は居合わせた真四季を隠れみのにしてしまう。そのころ、三島はクラス会の準備で段ボール集めに走り回っていた。

【感想】

真四季のセリフどおり本田がリードする展開のように見えて、幼なじみとして先行する三島と真四季が本田と三橋を後押ししている構図。本田に振り回されて自身の感情を持て余す三橋の悩みや喜びがセンシティブに描かれたおかげで、彼女にエールを送ってきた真四季の内面がデリケートに伝わるようになった。真四季が好きだった絵本に感化されたという三島の実直さとともに応援したくなる。