flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

メイドインアビス 第8話「生存訓練」

脚本:倉田英之 コンテ:小島正幸 演出:飯野慎也 作画監督:王國年、小栗寛子、蒲田明美、高倉武史、松尾亜希子、森賢

【概要】

オーゼンから限られた装備で10日間生き延びる「生存訓練」を課されたリコとレグ。さらには、火葬砲の使用までもが禁じられる。巨大生物に襲われながらも何とか10日間を乗り切ったリコとレグは、深界三層に向けて旅立つことに。オーゼンは餞別代りにライザゆかりのアイテムをリコに託すのだった。

【感想】

生存訓練はこれまでのリコとレグのとおりで、互いに足りないところを補い合うパートナーシップの再確認といえるもの。アビスの時間と深度がずしりとのしかかる「不動卿」オーゼンのぶっきらぼうな情け深さ、それを増幅して感じさせてくれたのは、アビスのダイナミズムを体現するライザの親心そして監視基地から動くことができないマルルクの優しさ。