flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コンビニカレシ 第7話「神無月」

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:伊達勇登 演出:飯村正之 作画監督:山本径子、Lee Sang Jin、Park Ga Young、Yoo Seung Hee

【概要】

意を決して絵本『にんぎょのおうじ』のことを尋ねた三島だったが、それをきっかけに真四季との関係がぎくしゃくしてしまう。三島と本田が手伝うようになった生徒会では、会長の中島帝と親しい木崎和架が次期役員の立候補を促されていた。中島は「お兄ちゃん」と慕ってくる木崎に隠し事があって……。

【感想】

中島と木崎の関係については本編の描写だけで充分で、中島からの思いを生徒会活動への意志に変えた木崎の行動についても尊重してあげたい。そこから、真四季へのわだかまりを吹っ切った三島についても同じく。安定期に入ってきた本田と三橋が彼らのサポートに回る構図が温かい。しかしながら、真四季を教室の外からこっそり見てしまう三島のくだりなど、肝心なシーンの表情作画がほとんど死んでいたのは惜しすぎる。