flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

賭ケグルイ 第8話「愛踊る女」

脚本:村越繁 絵コンテ:境宗久 演出:後藤康徳 作画監督:髙澤美佳、柴田志郎、青木里枝、和田伸一、小泉初栄、加藤裕子、新沼大祐、伊藤憲子、大島美和、斎藤美香、アニハウス・サン

【概要】

会長の綺羅莉が所用で不在となった生徒会室にて、2年生の夢見弖ユメミと豆生田楓が結託して夢子に挑戦することに。現役アイドルであるユメミは、ギャンブルに勝つことを条件に夢子にアイドルユニットを組むことを要求する。それに対して、夢子がユメミに出した条件は……。

【感想】

生死を賭けた生志摩妄との勝負に続いて、今回は人生を賭けた勝負ときた。ギャンブルの演出に趣向が凝らされていて飽きさせない。いきなり語られたユメミの野望に肩入れすることは難しいものの、ファンにアイドルそしてギャンブルすらも道具のように扱う割り切りが、ひたすらにギャンブルのスリルのみを追求する夢子と水と油であることは伝わった。だからこそ、ユメミの隠れファンだった鈴井が夢子のセコンドにつく構図がいい。それ以上に、鬼のいぬ間にクーデター的な2年生ふたりをあえて泳がせたふうな綺羅莉の真意が恐ろしい。