flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

メイドインアビス 第9話「大断層」

脚本:倉田英之 コンテ:小島正幸 演出:垪和等 作画監督:樋口香里、安田祥子

【概要】

監視基地を後にしたリコとレグは、深界三層「大断層」の入り口に到達する。オーゼンに教わった縦穴を降下していくリコとレグだったが、途中でマドカジャクの巣に紛れ込んでしまう。リコを守るために覚悟を決めたレグは、オーゼンの忠告を承知で火葬砲を使うのだった。

【感想】

持続力のリコに爆発力のレグといったところ。これまで描かれてきたとおり、足りないものを補い合うパートナーシップがかわいらしくも頼もしい。トラブル多発にもくじけないリコのタフネスぶりはしたたかで軽やかですらあり、極めて厳しい状況にもかかわらず明るさを感じさせる。リコが見た幻覚のうち、ライザに連れられ戻ってきたオースの街で、レグの不在もさることながら、地上に出られないはずのマルルクの存在が泣かせてくれた。まるで、マルルクが必死にリコとレグにサインを送っているように思えて。それも、死から再生したリコの強さかもしれないと。