flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

活撃 刀剣乱舞 第八話「歴史を守る」

脚本:近藤光 絵コンテ:竹内將、三浦貴博 演出:竹内將、高橋タクロヲ 作画監督:内村瞳子、都築萌、石塚みゆき、新里りお、塩島由佳、山崎ミキ、鬼澤佳代、瀬来由加子、松島晃、下村晋矢

【概要】

時間遡行軍を生み出す辻斬りを討った第一部隊は、そのまま京に残って争乱に巻き込まれた人々のために炊き出しを行う。一方で、第二部隊では決意を新たにした和泉守が、隊員たちそれぞれに共に戦ってほしいと声掛けをしていく。

【感想】

第一部隊の新人である骨喰の視座がそのまま第二部隊の面々をナビゲートすることで、「歴史を守る」意思において成熟した第一部隊といまだ未熟な第二部隊のコントラストが鮮やかに浮かび上がる。これまでの任務で誰よりも人命が失われることに心を痛めていた陸奥守に和泉守が向けた不器用なリスペクト。それが蜻蛉切への大福に収束するくだりが温かかった。決意を新たにする第二部隊とエールを送る第一部隊との入れ替わり、骨喰の視線が効いていた。