flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

THE REFLECTION #6「サンアントニオ」

脚本:鈴木やすゆき 絵コンテ・演出:ボブ白旗 作画監督佐藤浩一、大塚八愛、小田真弓、手島勇人、中島理恵

【概要】

志を同じくしたマイケルとヴィーが仲間に加わり、アレン姓がいちばん多く住むというサンアントニオを訪れたエレノアたち。ところが、サンアントニオではレイス一味の手がすでに回っていた。エクスオンの協力者であるジムの調査から、ニーナ・フィッシャーという女性を探すことに。

【感想】

レイス配下のリフレクティッドたちに出し抜かれるエレノアたちの描写、シリアスだけでなくリサのようなコミカルも交えてのバリエーションが楽しい。マーガレットとニーナの母娘からエレノアとリサそれぞれの親子関係を再び対置させるなど、前回のマイケルとヴィーとは異なる角度からの人間ならではのドラマがストレート。あえてつかみどころなく振る舞っているようなエクスオンが強調されたからこそ、エレノアのピンチにさっそうと登場したアイガイにワクワクさせられる。