flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

時間の支配者 episode 10「推測と反駁」

脚本:横手美智子 絵コンテ:下司泰弘 演出:矢野孝典 作画監督:李少雷、STUDIO MASSKET、劉雲留

【概要】

クジュールの時間を止めている壁を発見した霧、ミーナ、ブレイズは黒幕の存在に気づく。そこに計使いである藤林と雷虎が襲ってきた。一方で、クジュールで傷心からふさぎ込んでいたヴィクトに声をかけてきた人物がいた。彼はアレクの診察を受けていた患者で……。

【感想】

人々の時間を食らいながら人のままならなさを理解できない、意思を持つに至った計のおぞましさ。人間の感情に興味があるということは、それだけ人々の営みを見届けてきたということにほかならず。単なる捕食者からいびつな進化をしたアイクスが、迷えるヴィクトに一石を投じる。アイクスにとって格好の獲物になりそうな過去にとらわれたヴィクトを、現在と未来を見ようとする霧とミーナが支える展開が熱かった。むろん、これまでは視聴者的にも怪しかった霧とミーナの絆という下地があってこそ。