flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

メイドインアビス 第10話「毒と呪い」

脚本:小柳啓伍 コンテ:小島正幸 演出:孫承希 作画監督:佐藤このみ、服部聰志、谷口義明、池津寿恵、萩尾圭太

【概要】

深界四層「巨人の杯」まで降りてきたリコとレグ。自分たちの会話を理解しているような奇妙な気配が気になるレグ。元気いっぱいにふるまうリコだったが、過酷な環境は明らかにその心と体をむしばんでいた。そこにタマウガチという恐ろしい生物が襲い掛かってくる。

【感想】

深界四層の怖さを実感させるあまりにも過酷な追い込みように金縛り状態。これまで見せてきた機転を振り絞るリコの精神力に圧倒されながら、取り乱して大泣きしてしまうレグのもろさが痛々しくこちらまで泣きそうになった。そして、白笛オーゼンの異形さらには課せられた生存訓練の意味がずしりとのしかかってくる。ED映像でかわいらしいトリオとして表現されるナナチとの出会いが、ここまでシビアなものになろうとは。