flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

異世界食堂 第十話 「クレープ」「納豆スパ」

脚本:神保昌登 コンテ:西田正義 演出:小柴純也 作画監督:竹森由加、金澤龍、岡田雅人

「クレープ」: フェアリーたちが暮らす花の国に、突如として謎の扉が現れた。女王のティアナは部下たちを率いて扉の中の探索を行うことに。

「納豆スパ」: 両親の知り合いであるクリスティアンを訪れたファルダニア。クリスティアンの家は変わった匂いで周囲に知られていた。それはエルフ豆を発酵させたものだという。

【感想】

異世界食堂のビギナーであるティアナたちフェアリーをナビゲートするヴィクトリア。異世界食堂の多彩なメニューから料理の探求を深めていくファルダニアをナビゲートするクリスティアン。フェアリーの嗜好を考えて果物のクレープをすすめたヴィクトリア。納豆やみそを通じて豆類発酵食品の可能性を追い求めることになったファルダニア。今回は常連たちが見せる料理への造詣に妙味があった。特に、納豆はその特性(とパブリックイメージ)ゆえにファルダニアの反応を注視してしまう。