flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Re:CREATORS #21「世界は二人のために “I love you too.”」

脚本:広江礼威、高崎とおる、あおきえい 絵コンテ:後藤圭二 演出:加藤誠 作画監督:池田広明、加藤里香、古矢好二、松本昌子、森美幸

【概要】

対アルタイルの切り札として投入されたシリウスは通用しなかった。そこで颯太が仕組んだ次なるカードが切られる。アルタイルの創造主であるシマザキセツナの現界だった。

【感想】

鉄道駅のホームがアルタイルとセツナ二人による舞台のようであった。被造物であるはずの鹿屋やブリッツたちも観衆側になる倒錯。すなわち、創造主であり被造物であるというセツナがはらむ矛盾が、被造物でありながら創造主たらんとするアルタイルへの戒めと解釈した。セツナを失った呪いをよりどころにするアルタイルとセツナに伝えられなかった後悔にさいなまれる颯太。後者のセツナへのメッセージがかたくなだった前者を溶かす流れに納得する。セツナの言葉は生前の意思をフィードバックさせてのものに感じられ、それは神々の世界に現れて自立性を得ていった被造物たちを思い起こせばしっくりくる。