flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

賭ケグルイ 第10話「選択する女」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:川畑喬 演出:後藤康徳 作画監督:和田伸一、柴田志朗、高原修司、髙澤美佳、新沼大祐

【概要】

ユメミに黒幕として名指しされた豆生田に公式戦を申し込む夢子。副会長がディーラーとなり「選択ポーカー」の勝負が始まった。コイン1枚でも掛け金を積んだほうが強弱を選択できるというルールに、芽亜里と伊月は夢子の圧倒的な不利を確信する。

【感想】

これまでの勝負を観察し夢子の本質を踏まえての豆生田が新機軸。過去の対戦相手のように猟奇的な要素はない代わりに、生徒会長への野心が下地になっているところも。そして、夢子か豆生田かという選択に自身の将来を賭けた伊月のギャンブルが立ち上がってくる。芽亜里のときもそうだったが、どん底からの巻き返しを演出する夢子の求心力が脅威として伝わる。