flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

活撃 刀剣乱舞 第九話「元の主」

脚本:関根アユミ、栖原隆史 絵コンテ・演出:栖原隆史 作画監督:内村瞳子、都築萌、石塚みゆき、新里りお、塩島由佳、山崎ミキ、鬼澤佳代、瀬来由加子、河野悦隆、遠藤花織

【概要】

第二部隊の次なる任務先は、慶応二年の京都伏見周辺。寺田屋事件において薩摩藩邸へ落ち延びる坂本龍馬の妨害が時間遡行軍の目的らしい。龍馬をよく知る陸奥守は張り切るが、任務に障るから会わないという。ところが、時間遡行軍の介入により龍馬の行動が読めなくなり……。

【感想】

新生なった第二部隊を象徴する和泉守と陸奥守の変化がポイント。龍馬のことは自分が詳しいと仕切ろうとする陸奥守に苦言を呈した和泉守だったけど、陸奥守であれば龍馬を守ってくれるという信頼はこれまでの和泉守に見られなかったもの。そして、和泉守に感傷的と評されたことを肯定した陸奥守が、文久の任務で城侍に向けた情け深さそのままで泣けてきた。幕末の任務で多くの民が死んでしまったことに苦しんだ和泉守によるアンサーになっていたところも忘れたくない。そんな二人を受けての、主への感傷を整理しきれてない堀川によるクライマックスに注目。