flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

THE REFLECTION EPISODE.08「ビーフ・オア・フィッシュ」

脚本:鈴木やすゆき 絵コンテ:あべたつや 演出:ムラタナオキ 作画監督:中本尚、小林利充、大塚八愛、中島里恵、佐藤浩

【概要】

スティール・ルーラーに襲われるエレノアだったが、相手から殺意は感じられなかった。その理由を問うてきたエレノアに、リフレクティッドとなったいきさつを語るスティール・ルーラー。そのころ、チームの仲間たちを殺されたアイガイはレイスを探し求めていた。

【感想】

リフレクティッドのチンピラたちを相手にしたアイガイによる「スカイ・ショウ」抜きの大立ち回りのむなしさ。レイスに求められるエレノアとレイスを探し出そうとするアイガイの対照と対称。それぞれ自身へのコンプレックスからくる捨て鉢にしても、その表出はまったく異なる。エレノアを憎みつつも自身と同じものを見いだしてしまうスティール・ルーラーの愁いが、リフレクティッドたちの悲劇の一端を表現するかのよう。レイスを追い求めるのみというシンプルなアイガイの行動原理に、つかみどころのないエクスオンの重い過去が浮かび上がってくる。レイスの「計画」をめぐって登場人物たちの思惑が渦を巻き始めた感。