flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

恋と嘘 第11話「嘘でもいいから」

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ:井出安軌 演出:大塚隆寛 作画監督:橋本航平、樋口香住、長尾圭悟、荻原みちる

【概要】

仁坂から兄の結婚式に招待された由佳吏、美咲、莉々奈。結婚式に見とれる莉々奈は、美咲から由佳吏との結婚式に呼んでほしいと言われ戸惑う。そして、キスする由佳吏と美咲を目撃してしまった莉々奈は、後日の根島家と真田家との温泉旅行で、由佳吏に秘めたる決意を伝えるのだった。

【概要】

ひたすらに由佳吏と美咲に献身的な莉々奈の表情やしぐさに締め付けられる。出会った当初のエキセントリックさが影を潜め、彼女本来の良さであろう誠実さが痛々しい。美咲と莉々奈の間をふらふらとしながら、どう見ても前者のほうに軸足がある、由佳吏の覚悟を見たいところ。由佳吏と美咲と莉々奈の3名による共犯関係ともいえるので、かろうじてバランスがとれてはいる。そこから大テーマである反ゆかり法のベクトルを示せるかどうか。