flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アクションヒロイン チアフルーツ STAGE 9「白銀(ぎん)の本気(マジ)~Silver Serious~」

脚本:大知慶一郎 絵コンテ・演出:井畑翔太、Kim Bongdeok、Lee Seongjae、Hong Kyeongcheon

【概要】

公演の調整に走り回る御前に不満げな路子は、表舞台に立つべきだと説得する。しかし御前は、運のない自分のような者が舞台に立つと迷惑がかかるとはぐらかす。そして、御前と路子はわだかまりを抱えたまま、公演の本番に臨むのだった。

【感想】

仲間たちにも話せないプレッシャーと闘いながらの裏方仕事。持ち前のポテンシャルを引き出そうとしない親友へのいら立ち。御前と路子のすれ違いがセンシティブに伝わる。「本番では切り替える」とのセリフどおり、観客をひきつける路子の堂々たる悪役演技は、まさに御前へのメッセージになっていたと思う。役では路子のパートナーである果音がアドリブを封じられ、さらには花火打ち上げが押したことによって、御前のアドリブで乗り切る流れがお見事。路子の願いをかなえてくれたかのような花火がきれいだった。