flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

活撃 刀剣乱舞 第十話「忠義の向かう先」

脚本:近藤光、佐藤和治 絵コンテ:三浦貴博 演出:恒松圭 作画監督:竹内由香里、秋山幸児

【概要】

坂本龍馬を守り抜いた第二部隊に新たな指令が下る。そのまま伏見にとどまり、引き続き薩摩藩邸にいる龍馬を護衛するというものだった。そんな中、堀川国広は、龍馬が倒れて大政奉還がなくなれば元の主である土方歳三がつらい人生を送らずに済むのでは、と考え始めていた。

【感想】

元の主に対する陸奥守、和泉守、そして堀川の温度差に、刀剣男士の宿命がちらつく。堀川の性格を知っての審神者の采配かどうかは知る由もないが、第一部隊のように熟練の刀剣男士たちもこういう苦難を乗り越えてきたのだと考えるべきなのかも。土方を見かけて涙した和泉守の心中は、元の主のように忠義に生きることがせめてもの手向けと信じるからではないか。関係ない人々が殺されることに胸を痛める陸奥守と和泉守、せめて人々のためにできることをする第一部隊の面々、そのグラデーションに刀剣男士としての堀川の長い道のりを思う。