flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

メイドインアビス 第12話「呪いの正体」

脚本:小柳啓伍 絵コンテ・演出:小島正幸 作画監督:竹内忠、藤優子、黒田結花、蒲田明美

【概要】

いまだ眠り続けるリコの上に覆いかぶさるミーティに驚くレグ。ナナチによると、リコに処方した解毒薬はミーティが作ったものだという。そして、呪いの正体について教えられたレグは、ナナチの指示に従うとの条件でタマウガチと再戦する。その頃オースでは、キユイが重い病にかかっていた。

【感想】

不可逆的なアビスへの「力場」と不可逆をくつがえしたリコそしてキユイが一直線上に並ぶ。そして、不可逆な呪いから逃れられないミーティとのコントラストが悲哀をもってくっきりと。自身の夢を見たレグに対してミーティとの夢を見たリコに、アビスをルーツにもつレグの特殊性そして力場をくつがえすリコの可能性が改めて伝わってくる。ナナチが託そうとする願いも。