flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

活撃 刀剣乱舞 第十二話「箱館戦争」

脚本:近藤光 絵コンテ:竹内將、三浦貴博、白井俊行 演出:竹内將、三浦貴博 作画監督:内村瞳子、都築萌、石塚みゆき、新里りお、塩島由佳、山崎ミキ、鬼澤佳代、瀬来由加子、河野悦隆、竹内由香里、遠藤花織、山門郁夫

【概要】

土方のため離反するという堀川を折ることはできなかった和泉守。立ち尽くす和泉守の前に審神者が現れる。事情を聞いた審神者は土方最後の戦場となる箱館で、時間遡行軍を阻止するとともに和泉守の心残りを取り除くことを提案。箱館に到着した和泉守と陸奥守は第一部隊の助力を得て、それぞれの目的に向かう。

【感想】

遺品として故郷に送られ元主の最期には立ち会えなかった。その心残りが歴史を守るすなわち土方を見捨てるという選択を強いていると想像すれば、和泉守の苦悩に近づけそう。表現を変えると、土方はあるべき日本の将来を和泉守に託したと解釈できなくもない。過去のものにされていく武士の精神を異なる時間軸で継承する存在が刀剣男士、という構図はロマンがある。審神者の温情の理由が見えてくるようだ。