flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

バチカン奇跡調査官 Ⅸ.「首切り道化師とソロモンの童話」

脚本:竹田裕一郎 絵コンテ・演出:柳井瀬賀 作画監督中山由美、都築裕佳子、林あすか

【概要】

セント・カルメル教会における映像を世界中に配信してしまった平賀とロベルトだが、不問に処される。そして、トスカーナ地方のモンテ村にあるセント・エリギウス教会で起きているという奇跡の調査に赴く。セント・エリギウス教会の司祭トロネスは、静かな田舎の平穏が乱されると奇跡認定に否定的だった。平賀とロベルトは手分けして調査を始める。

【感想】

エピソードも3つ目ともなればパターンが分かってきて、劇中で起こっている奇跡や惨劇ほどのスリルは感じられなくなった。ゲストキャラクターに魅力が出てくれれば上向きになるかもしれないが、密室推理ものの体裁をとっている以上、あまり期待できなさそうである。前エピソードのロベルトに次いで今回は平賀の過去を匂わせる描写が出てきたので、奇跡の真相と絡めた上での面白みが出てくれれば。