flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

バチカン奇跡調査官 Ⅹ.「現れし過去の亡霊」

脚本:竹田裕一郎 絵コンテ:高田耕一 演出:関大、永居慎平 作画監督:谷川亮介、中村祐美子、中村和志、飯塚葉子、choiieseop、han nayoung、Kim Yongsiki

【概要】

調査中の教会で見知らぬ少年の他殺体が発見される。平賀はその血液分析から、光がなく酸素が少ない場所に少年がいたことを推察する。一方、村の子供たちが歌う奇妙な民謡が気になったロベルトは、32年前に首切り道化師の森で起こった殺人事件に行き当たるのだった。

【感想】

セント・カルメル教会における調査と捜査で助け合ったビル・サスキンスとの再びの連携は、異なる立場や視点が交差することで見やすくなる。ジュリアの関与が示唆されたことで、敬愛していた平賀の内面まで踏み込んだドラマを期待したいところ。