flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2017秋調査(2017/7-9月期、終了アニメ、52+5+2作品) 第46回

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。

評価条件 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,DIVE!!,z

02,恋と嘘,C

03,ヘボット!,z

04,アホガール,B

05,賭ケグルイ,C

 

06,闇芝居 5期,x

07,異世界食堂,C

08,ゲーマーズ!,F

09,カイトアンサ,x

10,サクラクエスト,A

 

11,コンビニカレシ,C

12,クリオネの灯り,x

13,てーきゅう 9期,x

14,徒然チルドレン,F

15,サクラダリセット,x

 

16,メイドインアビス,B

17,ナイツ&マジック,F

18,はじめてのギャル,x

19,ナナマルサンバツ,z

20,セントールの悩み,F

 

21,ザ・リフレクション,B

22,ひとりじめマイヒーロー,x

23,18if (エイティーン イフ),F

24,レゴタイム レゴ フレンズ,x

25,プリンセス・プリンシパル,B

 

26,バトルガールハイスクール,F

27,無責任ギャラクシー タイラー,x

28,アバローのプリンセス エレナ,x

29,ようこそ実力至上主義の教室へ,x

30,異世界はスマートフォンとともに。,F

 

31,カードファイト!! ヴァンガードG NEXT,x

32,イケメン戦国 時をかけるが恋ははじまらない,x

33,デジモンユニバース アプリモンスターズ,x

34,こねこのチー ポンポンらー大冒険,x

35,アクションヒロイン チアフルーツ,B

 

36,スカートの中はケダモノでした。,x

37,僕のヒーローアカデミア 第2期,x

38,信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇,x

39,ひなろじ from Luck&Logic,F

40,境界のRINNE 第3シリーズ,x

 

41,戦姫絶唱シンフォギアAXZ,x

42,最遊記RELOAD BLAST,x

43,バチカン奇跡調査官,C

44,潔癖男子!青山くん,F

45,捏造トラップ NTR,x

 

46,活撃 刀剣乱舞,B

47,時間の支配者,C

48,Re:CREATORS,C

49,NEW GAME!! (2期),x

50,ノラと皇女と野良猫ハート,x

 

51,天使の3P! (スリーピース),x

52,神撃のバハムート VIRGIN SOUL,x

53,(再調査) sin 七つの大罪 (全12話),x

54,(ネット配信) モンスターストライク セカンドシーズン,x

55,(特番 1話) BanG Dream! OVA 遊んじゃった!,x

 

56,(特番 6話) 地獄少女 宵伽,F

57,(特番 7話) 終物語 (2期),x

 

参考調査

 

t1,(参考調査) 直感×アルゴリズム♪,x

t2,(参考調査) ピコ太郎のララバイラーラバイ,x

 

【総評】

諸般の事情でアニメ視聴にリソースが割けないシーズンだった。そんな中では『サクラクエスト』がいちばんのお気に入りで、良いところもそうでないところもひっくるめて愛すべきシリーズとなった。寸評はB評価以上のみ。

【寸評】

04,アホガール,B: メーターが振り切れたギャグアニメで理屈抜きに大笑いできた。

10,サクラクエスト,A: 地域おこしを通じて少しずつ変化していく登場人物たちの筆致に温かみがあふれていた。それも国王と大臣たちだけでなく、彼女らに影響を受けた脇役たちも変わらない。だからこそ、イベントなどで登場人物たちが働いている何でもない描写がいとおしく感じられる。

16,メイドインアビス,B: 地下に潜行していく冒険ものとしてのロマンを体現する緻密な背景美術のすばらしさ。足りないものを補い合うリコとレグの関係性がそのまま深淵の探索につながる物語の骨太さ。後半のシビアな展開はきつかったが、次なる展開に期待をもたせるものになった。

21,ザ・リフレクション,B: キャラクター描写については内省的で爽快感が薄かったものの、大らかなビジュアルと裏腹だったからこそ印象に残ったともいえる。トレヴァー・ホーンというビッグネームをスタッフおよび登場人物に配置した仕掛けは、9nine(ナイン)演じる四人娘との合わせ技で楽しかった。『スカイ・ショウ』のリフレインが頭から離れない。

25,プリンセス・プリンシパル,B: 作り込まれた脚本や背景などの完成度は認めつつも、美少女ヒットマン(あえて「スパイ」とは書かない)ものにつきまとう違和感は本シリーズでも解消されることはなかった。エピソードごとの印象のばらつきが大きい中では、ドロシーと父親(第6話)、アンジェとプリンセスの回想(第8話)が珠玉だった。

35,アクションヒロイン チアフルーツ,B: 劇中のステージそのままといったハンドメイド感がよかった。キャラクターでは、目立つ言動や特技をもったメンバーが多い中、キャプテンを支える路子(ステージでは悪役というところが泣かせる)が功労者で、散漫になりそうなチームをまとめてくれたように思う。

46,活撃 刀剣乱舞,B: エピソードを重ねるごとにキャラクターに血肉が感じられるようになった。百戦錬磨の第一部隊によって未熟な第二部隊に陰影をもたらしクライマックスにつなげる構成にうなる。殺された城侍たちを悼むことができる陸奥守の情け深さが、他作品では顧みられることの少ない男性モブキャラクターたちへの鎮魂という意味で忘れられない。