flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

将国のアルタイル 第10話「月下佳人の舞」

脚本:高木登 絵コンテ:高橋亨 演出:いがりたかし、佐藤威 作画監督:津熊健徳、松井理和子、服部憲知、鎌田均

【概要】

バラバンによって宮殿で軟禁状態にされてしまったマフムート主従だが、脱出に成功する。待ち受けていたロットウルムを蹴散らしたマフムートたちの前に、今度はムズラクの騎兵隊が迫る。そこに助太刀に現れたバヤジットとアイシャと合流したマフムートたちは、手分けしてクルチュ将国とブチャク将国に向かう。

【感想】

無表情で歯に着せぬ物言いながらも、自身の役割をも承知しての毅然としたアイシャが、知的で魅力的。たくましさを増したマフムートをアイシェがバックアップしているように見える。ロットウルムとのハードなアクションを起点にしつつ、二手に分かれての王族たちとのコンタクトへの流れは緊張感にあふれる。マフムートの後見であるザガノスの動きによって四将国をめぐるスケール感も損なわれていない。