flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ラブライブ!サンシャイン!! 第2期 #2「雨の音」

脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:遠藤広隆 作画監督古川英樹

【概要】

今年の終わりまでに100人の入学希望者が集まったら来年度の募集を行うという。その可能性に向けて曲作りを始めようとするAqours。成り行きで千歌たち2年生3人と3年生および1年生の6人で手分けすることになる。ところが、楽曲のコンセプトをめぐって3年生の果南、鞠莉と1年生の善子、花丸がケンカしてしまう。

【感想】

けん引役である千歌抜きでの3年生と1年生の組み合わせが新鮮。チームとしてまとまっているようでいて、9人もいればさまざまな個性の集合体であることは自然なこと。いつもは相対的に大人びて見える果南と鞠莉がむくれる表情がキュートだったし、黒澤姉妹をブリッジにする構成も決まっていた。人物の表情作画が豊かなおかげで、序盤はたわいなく感じられても、後半に向けてドライブがかかってくる。そうそう、3年生の2人が提案したハードロック路線は、善子の好きなゴシック趣味に合いそうに思えたのだけど。