flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Dies irae #01「黄昏の少女」

脚本:正田崇 絵コンテ:工藤進 演出:岩月甚 作画監督:古澤貴文

【概要】

入院していた藤井蓮はようやく退院する。幼なじみの綾瀬香純に誘われてやってきた博物館、そこでギロチンの展示物から現れた謎の少女の歌を聞いた瞬間、漣はおぞましい悪夢に気を失ってしまうのだった。

【感想】

主人公にヒロインたちが関与していく日常は原作媒体らしいものだが、プロローグ的な第0話で示されたシリアスな背景が重なることで、内容を飲み込めないなりに吸引力は維持されている。日常の中に不穏さを散りばめるパターンは信頼できそう。消えた親友にギロチンの少女に異世界からの脅威、散らばったピースがつながる瞬間にカタルシスを感じられるかどうか。