flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第二話「ともだち」

脚本:タカヒロ 絵コンテ・演出:政木伸一 作画監督:酒井孝裕

【概要】

何とか次なるつとめを果たしたものの、チームワークがとれていない勇者トリオ。教師の安芸は、リーダーを決めて連携の強化を目指すため合宿を課す。自分がしっかりしなければと感じていた須美は、リーダーに指名されると確信していたが……。

【感想】

わだかまりを抱えての合宿からバーテックスとの戦い、すなわち須美の独りよがりをへて、園子がリーダーを任された理由が苦々しく刺さってきた。普段からオンオフのメリハリをつけることができる園子は、居眠りしているようでいて授業を聞いていた姿からも天才肌と言えそうだけど、生真面目な須美とのその後を想像するといっそう悲しくなってしまう。須美による気づきのセリフは冗舌に過ぎた感があったものの、そこも彼女らしさか。