flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦刻ナイトブラッド 第3話「武田バンケット」

シナリオ:綾奈ゆにこ 絵コンテ・演出:柳瀬雄之 作画監督ごとうじゅんじ、五十川久史、神田岳、佐藤このみ、二宮奈那子、清水勝祐、岩永浩輔

【概要】

秀吉のもとを訪れた武田信玄の家臣、高坂昌信。寺に贈り物を用意したという昌信を怪しむ家臣たちだったが、秀吉は意に介すことなく寺に向かう。寺には武田の重臣である山県昌景内藤昌豊馬場信春のみならず、大将の信玄までが待ち構えていた。姫神子と同じ能力をもつ結月を信長から守るためと、信玄は秀吉に同盟を提案する。

【感想】

対象が豊臣から武田に移っただけで、生真面目な結月の献身が武将たちをとりこにしていくパターンは代わり映えしない。もっとも、大将である秀吉と信玄のキャラクターが違うだけで、その味わいは違ってくる。病に苦しむ信玄に自身の血を差し出す結月の図を期待してしまったが、そうならなかった以上、姫神子含みでのクライマックスが気になってくる。いずれのせよ、結月をめぐっての劇的な展開も欲しいところ。