flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第3話「迷惑な国 -Leave Only Footsteps!-」

脚本:菅原雪絵 絵コンテ:齋藤徳明 演出:伊藤史夫 作画監督山形孝二渡辺真由美、永田陽菜、もりやまゆうじ、稲田雅樹

【概要】

休んでいるキノとエルメスに地響きが近づく。その正体は移動する巨大建造物の国だった。合図を送ったキノに気づいた国は担当の公務員を迎えに派遣する。入国したキノとエルメスは公務員の案内で移動し続ける国を見て回る。

【感想】

圧倒的な科学力にものを言わせた中立国といったおもむき。しかしながら、他国の領土を侵犯する以上は純然たる中立とはいえず。移動が避けられない国として世界各国に了承をもらえばまだしも、根回しもなくして強行突破とは、城壁の国がいかに搾取していようとも許容できるものではなく。ある程度は他人や他国に迷惑をかけながら存在すると自認するのであれば、そこで恩恵を受ける国民や旅人も完全な中立ではいられない。城壁の国の人的被害を最小限にしたキノによる志願の理由が見えてくる。