flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

少女終末旅行 第3話「遭遇」「都市」「街灯」

脚本:筆安一幸 絵コンテ:尾崎隆晴 演出:武市直子 作画監督:相澤秀亮

【概要】

市街地の巨大な溝を渡ろうとするチトとユーリだったが、橋らしきものが見当たらない。そうしているうちに、まだ火がくすぶっているタバコの吸い殻を見つける。何者かがいることを察知したチトとユーリは警戒を強める。そのとき、爆発とともに溝に向けて高層ビルが倒れた。

【感想】

少女2人だけの世界で少女2人だけによる珍道中がえも言われぬ味わいを醸していたので、まさかの3人目の登場に戸惑ってしまった。もっとも、チトとユーリとは異なるスキルを持ったカナザワの存在は、これから先に待ち受ける世界の広がりを想起させてくれたので、視聴後感は腰の据わったものになった。カナザワにレーションをあげたユーリに自分のレーションを分けたチトのやりとりが、終末世界をバックにしているからこそ温かい。