flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

宝石の国 第三話「メタモルフォス」

脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ・演出:武藤健司 CGディレクター:越田祐史

【概要】

月人が落としていった巨大カタツムリに飲み込まれてしまったフォス。ダイヤとボルツで巨大カタツムリを倒したものの、フォスの姿は見つからないまま。カタツムリの成れの果てであるナメクジのような生き物に手がかりを見いだそうとするダイヤは、シンシャに助けを求めるが……。

【感想】

ナメクジのような生き物をフォスと呼ぶダイヤがかわいらしい。シンシャが示唆したフォスの居場所は意外なところだったけど、そのもろさ弱さゆえのフレキシビリティこそがフォスの持ち味ではないかと思えてきた。すなわち、博物誌編纂を任せられたのはゆえあってのことではないかと。巨大カタツムリとの戦闘からフォスを助けようと疾走するクライマックスまで、ダイヤのひたむきさを表現するアクション作画がとことんすばらしかった。硬度とは裏腹のしなやかさは、容易に変わることができないダイヤの心の叫びのようでもあり。