flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔法使いの嫁 #3「The balance distinguishes not between gold and lead.」

脚本:高羽彩 コンテ:長沼範裕 演出:二宮壮史 作画監督:髙部光章、片山貴仁

【概要】

サイモンから頼まれた3つの案件、その1つを解決するためドラゴンが住む土地を訪れたチセとエリアス。いきなり現れたドラゴンにさらわれてしまったチセだったが、ドラゴンの管理者であるリンデルはエリアスの古い知人だった。そこには動かず苔むしたドラゴンがいて……。

【感想】

飛べないチセの代わりに最後の力を振り絞って飛んでみせたネヴィン。絶望して屋上から身を投げたチセの記憶をやわらかく受け止めるかのような映像が温かい。チセのリアクションが淡々としているおかげで、精いっぱい生きて自然にかえっていくドラゴンならでは境地が純度高く伝わった。人間は簡単にドラゴンのようにならないだろうが、だからこそチセの変化がいとおしく感じられる。