flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第4話「船の国 -On the Beach-」

脚本:菅原雪絵 絵コンテ:河原龍太 演出:鎌田祐輔 作画監督山形孝二渡辺真由美、永田陽菜、もりやまゆうじ、稲田真樹、甲田菜穂

【概要】

西の大陸を目指すシズと陸は“船の国”と呼ばれる人工浮島のような国に入る。滞在中の使仕事として民衆の監視を提示されたシズだったが、民衆とともに働くことを選ぶのだった。

【感想】

旅人すなわちよそ者と地元に根付いてきた住民たちとの埋めがたい差。暴力描写こそ少なかったものの、これまでのエピソードで最もシビアな視聴後感だった。船の国の平穏を見守りつつ船の国に別れを告げたティーのアンビバレンツを表現する、同じ境遇であるはずのシズに向けられる刃が苦々しい。コロシアムの再来のようにキノとのマッチングを重ねることで、失った故国を求めてやまないシズのポジションが伝わってくる。