flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦刻ナイトブラッド 第5話「暴走フィーリング」

脚本:柿原優子 絵コンテ:柳沢テツヤ 演出:ながはまのりひこ 作画監督ごとうじゅんじ、神田岳、朝岡卓矢、渡辺はるか(SDM)、中島美子、日高真由美、柳瀬雄之、関根千奈未、清水勝祐、齋藤香織、服部益実、櫻井拓郎

【概要】

武田軍と真田軍と組んだ豊臣軍と上杉軍と伊達軍と組んだ織田軍の合戦が始まった。信玄と謙信、秀吉と信長、因縁のある総大将同士が対峙する。そんな中、秀吉の陣中にいた結月は竹中半兵衛に連れられ敵軍から落ち延びようとするが……。

【感想】

合戦シーンもさることながら、信玄と謙信による剣戟など、アクションがことごとく精彩を欠いていて、没入できないことはなはだしい。その流れもあって、厄魔による介入で決着がつかなくなったオチも締まらない。月牙族による神牙の均衡を保つために送り込まれた存在が厄魔であれば、結月そして姫神子との関係性も含めて奥行きが出そうだが。コスメチック戦国ものと言われればそれまでだが、ドラマ面に期待するしかない以上、そろそろ突っ込んだ展開を望みたい。