flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

将国のアルタイル 第16話「大戦の始まり」

脚本:高木登 絵コンテ:さとうみほ 演出:西畑佑紀 作画監督:阿部恒、吉川佳織、菱沼祐樹

【概要】

ウラド王国との同盟に成功したマフムートだったが、ヴェネディック共和国のあるセントロではやっかいな事態が起こっていた。リゾラーニ共和国がセントロの構成国相互で結ばれた密約を破り帝国の船を助けたという。リゾラーニにブレガを派遣して密約の重要性を念押ししたルチオだったが、リゾラーニにペスト感染が見られたとの報を受けて……。

【感想】

トルキエ初の海外遠征という大仕事を前に、各勢力をまんべんなく描写したつなぎ回といったおもむき。侵略が宿命とうそぶくバルトライン拡大の前に、小国家群のクオーレ・ディ・ルメリアナという障壁が立ちはだかる。内乱を収めて周辺を着々と固めつつあるトルキエだが、そろそろバルトラインの反攻によるピンチも見てみたい。