flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Code:Realize ~創世の姫君~ chapter 5「ネゴシエイテッド・ソリューション」

脚本:ササキムリ 絵コンテ:山本秀世 演出:鈴木拓磨 作画監督:石井明治、伊勢奈央子

【概要】

列車爆破事件の指名手配犯とされたルパンたち5名は、ロンドンでの活動が難しくなってしまう。フランは食事もとらずに研究室にこもりきりだった。叙勲式を目前にした夜、フランはひとりで出ていく。フランを案じるカルディアは、彼のあとを追いかけるのだが……。

【感想】

登場人物のバックグラウンドがカルディアをめぐってしっかりと描かれてる安定感。カルディアとフィーニスのつながり、フランと女王ヴィクトリアのつながり、フィーニスとヴィクトリアのつながり、そしてカルディアとフランのつながり。吸血鬼戦争をめぐってのヴァンとドラクロワ二世とフランの因縁についてもそう。命がけでヴィクトリアに交渉して仲間たちを守ったフランに、許しどころか感謝を向けたカルディアが得た安らぎ、自らの毒を鎮めるような淡々とした口調が泣かせてくれる。